24時間テレビ【坂本雄次マラソントレーナーのプロフィール】よりも年収に夢あり過ぎてビビる!

24時間テレビ 坂本雄次 マラソン トレーナー プロフィール画像引用元:http://www.daily.co.jp/

24時間テレビ恒例のチャリティマラソン。
今年は落語家の林家たい平さんがランナーを務めます。

調べてみると今年で24時間マラソン企画が24年目と言う事に驚きました!
そんなマラソンランナーに常に帯同しているトレーナーが坂本雄次さん。

坂本雄次さんは第一回からトレーナーとしてランナーをサポートしていて、24時間テレビでも良く映るのでご存知の方も多いと思います。

今回は24時間テレビチャリティマラソンで24年もトレーナーを務める
坂本雄次さんをwiki風プロフィール
でご紹介していきます!

 

スポンサーリンク




坂本雄次さんwiki風プロフィール/脱サラトレーナーの経歴がスゴイ!

24時間テレビ 坂本雄次 マラソン トレーナー プロフィール
画像引用元:http://www.trend-hq.jp/

今年で第39回を迎えた24時間テレビですが、
もはや日本を代表するスペシャルな番組となりました。

24時間テレビの中でも代表的な企画がチャリティマラソンですね!

 

第15回の24時間テレビでスタートしたチャリティマラソンですが、
今年は笑点でも同じみの落語家、林家たい平さんがランナーを務めます。

24時間以内に毎年ランナーに合わせた目標距離を走り切るマラソン企画。
体力的にも精神的にも限界を突破する超絶過酷なマラソンなのです。

 

普通にトレーニングしているランナーでさえ走りきれるか分からないレベルですが、
それを芸能人が走り切るわけですから事前の練習サポートは必須。

アスリートとは違って他の仕事もこなせるように追い込み過ぎないケアが必須。

そんな芸能人ランナーの微妙な体調変化を見ながら、
24時間走り切る体力を作るのは相当難しい事。

 

今年の林家たい平さんは果たして走りきれるのか??
笑点でも座布団を獲得できるオチを付けられるのか??

まさにサポートするトレーナーにかかっているワケです。

 

そんな最重要トレーナ-を毎年務め、
ランナーを徹底サポートしている方が坂本雄次さんです。

坂本雄次さんは24時間ランナーを今年で24年も支えてきた名トレーナー。

 

チャリティマラソン第一回の間寛平さんの時からずーっとトレーナーとして、
24時間テレビをサポートしてきました。

そんな坂本雄次さんの経歴をwikipedia風にまとめてみました。

  • 氏名/坂本雄次(さかもとゆうじ)
  • 生年月日/1947年(69歳)
  • 職業/ランニングプロデューサー
  • 出身/神奈川県茅ヶ崎市
  • フルマラソン自己ベスト/3時間13分
  • 趣味/スポーツ観戦、映画鑑賞、旅行
  • 長所/物事を諦めないこと
  • 短所/食が細いこと
  • ちょっと自慢できること/夢を実現する情熱
  • 最近ハマっているもの/ウィンドーショッピング
  • まず家に帰ってすること/着替えること
  • 平均睡眠時間/6時間

過去の経歴ですが、
昔は東京電力の陸上部で監督をされていたようです。

ここでも無数の素人レベルの選手をフルマラソン2時間30分まで育成し、
トレーナーとしての敏腕ぶりを発揮していますね。

 

その手腕が日本テレビのプロデューサーの目にとまり、
間寛平さんが挑戦する『スパルタスロン』のサポートをした事がテレビ露出のきっかけでした。

その翌年から24時間テレビでチャリティマラソンがスタート。
第1回からマラソントレーナーとして現在まで活動されています。

 

この時期から務めていた東京電力を脱サラして、
ランニングプロデューサーという新たなジャンルで独立したのです。

坂本ユウジさんが始めたランニングプロデューサーとは、
全国で行われるマラソン大会の企画や運営をマネジメントすると言う
マラソンのコンサルタント的な仕事。

 

2007年に初めて神奈川県でフルマラソンが行われたんですが、
この立ち上げにも坂本雄次さんがプロデューサーとして携わってます。

24時間テレビが無いときは何してるのかなー??
なんて心配していましたが、今は全国マラソンブームで大忙し。

むしろ24時間テレビが無いときの方が、
ランニングプロデューサーとして多忙な日々を送っているようです。

 

 

坂本雄次さんの収入が夢があり過ぎる!過去には病気も・・・

24時間テレビ 坂本雄次 マラソン トレーナー プロフィール
画像引用元:http://www.pref.kanagawa.jp/

ご紹介した通りランニングプロデューサーとして活躍中の坂本氏。
自身が代表を務める『ランナーズ・ウェルネス』を運営している社長さんです。

脱サラした企業家トレーナーの年収は一体いくらのか??
気になって仕方なかったので調べてみました!

 

主な活動となっているマラソン大会のコンサルと講演会のギャラですが・・・

  • マラソンコンサル/100~200万円
  • 講演会/50~100万

ランニング講演会1本で100万ってヤバ過ぎです。
そんなスポーツトレーナー聞いた事ないですね。。。凄すぎ。

 

マラソン大会のコンサルについてはどこまで坂本雄次さんが関わるのか不明ですが、
ブームが到来して依頼マラソン大会って無数にあります。

現在日本では年間2000本近くのマラソン大会が行われていると言われてます。
坂本雄次さんに来てほしい会場はたくさんあるでしょうし、儲かっているでしょう。

 

だって自宅が2億なんですよ?!
儲かってないワケないでしょ??

ちなみに日テレの24時間テレビのギャラは推定200万円とされてますが、
契約期間が約6か月の金額なので高くはないですね。

そんな坂本トレーナーの推定年収は・・・

  • 6000~7000万!!

スポーツトレーナーって夢ある世界ですね!

 

しかし、実際に稼げるトレーナーはごく1部。
道を極めた数%が手にできる金額ってことですね。

そんな大成功を収めている坂本雄次さんですが、
過去にはランナー人生を大きく揺るがす病気を患っています。

スポーツ報知によると、脊柱管狭窄症に椎間板ヘルニアと
ランナーにとっては致命的な腰に疾患を抱えているのです。

 

また股関節も痛めていて、2010年には人工股関節を埋め込む手術をしています。

恐らく腰も股関節も走り過ぎによる関節へのオーバーユース。
いわゆる『使いすぎ』が原因かと思われます。

そんな事もあって走り方を変更。

 

一般的なかかと着地ではなく、極度に衝撃を抑えるためにすり足で走る走法を考案。
24時間テレビでもすり足走法で膝や腰の負担が少なくなるように指導しているんです。

すでに60代後半ですから普通ならマラソン自体走れない年代。
ここまで走り続けている事が超人的ですね。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

24時間テレビのマラソントレーナーとして夢いな坂本雄次さん。
プロフィールを見てみるととんでもない人物でしたね。

経歴も年収も一般のトレーナーとは桁違い!
過去のケガも乗り越え、坂本さん自身が24時間テレビで特集されても良いレベル。

今年のチャリティマラソンも素晴らしいサポートをしてくれる事は間違いないでしょう。

 

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す