南海トラフ地震はいつ起きる?【早川教授の予言】と●●県が超安全と言われる理由

南海トラフ地震 いつ 予言 早川画像引用元:http://laventanamundial.blogspot.jp/

2016年4月14日に熊本地震が発生しました。
被災地では感染症蔓延やマスコミの報道マナーの悪さなど
まだまだ問題は山積しています。

熊本震災があってから最新地震情報は国民最大の関心事。
そんな事もあり地震予知のスペシャリスト早川教授に今注目が集まっています。

早川教授は南海トラフ地震はいつ起こると予言しているのか??
大注目の最新情報をお届けします!

 

スポンサーリンク




早川正士(はやかわまさし)教授の地震予言はホンマに当たる!?

南海トラフ地震 いつ 予言 早川
画像引用元:http://news.nicovideo.jp/

早川教授は地震予測を行う地震解析ラボの所長を務める、
日本地震予知のスペシャリストです。

地震解析ラボではVLF電波を用いた電離層擾乱を観測して、
短期的な地震予知を行います。

 

この辺は難しくてちょっと分かりません。。。
とにかく世界的にも先進的な地震解析の研究みたいです。

ここでいう短期的というのは数日前ぐらいとの事なので、
おおよそ1週間前にどんな地震が来るのかが予測できるワケです。

1週間前に地震予測が出来れば、安全地域へ退避したり
非常食を確保したり何でもできますよね!

 

でもホントにそんな予知だか予測を信じて行動していいの??
なんて現実には思ってしましますけど、早川教授の地震解析はとにかく当たる!

ホンマに当たってます!

 

電気通信大学名誉教授でもある早川正士(はやかわまさし)氏の
過去の主な的中地震予知を見て下さい!

 

早川氏予言①釧路地方中南部地震

予言

  • 時/2015年6月1日
  • 場所/北海道十勝地方~岩手券内陸
  • 大きさ/M5.0前後
  • 最大震度/3

結果

  • 時/2015年6月4日
  • 場所/北海道釧路地方中南部
  • 大きさ/M5.0
  • 最大震度/5弱

 

早川氏予言②岩手県沿岸北部地震

予言

  • 時/2015年7月3日~7月14日
  • 震源地/岩手県浦河沖~岩手沖
  • 大きさ/M5.5前後
  • 最大震度/4

結果

  • 時/2015年7月10日
  • 震源地/岩手県沿岸北部
  • 大きさ/M5.8
  • 最大震度/5弱

 

早川氏予言③小笠原沖地震

予言

  • 時/2015年6月3日
  • 震源地/相模湾~伊豆諸島、小笠原諸島
  • 大きさ/M5.5前後
  • 最大震度/5弱

結果

  • 時/2015年5月30日
  • 震源地/小笠原沖諸島西方沖
  • 大きさ/M8.1
  • 最大震度/5強

全ての予言がピタリそのままとは行きませんが、
どの地震予知も実際に起きた震災とかなり近い内容です。

特に震源地はかなりの精度で当たっています!

地震解析ラボで続々と発信される地震予測が当たるので、
信憑性のある情報として早川正士(ハヤカワマサシ)氏へ注目が高まっているんです。

これは2015年の地震予知的中内容ですけど、
2016年も相変わらず的中させています!

 

地震解析ラボは月額600円で有料のアプリが出ていますので、
気になる方は是非チェックを!

 

スポンサーリンク




 

南海トラフ地震はいつ起こるのか?日本一安全な県はココ!

南海トラフ地震 いつ 予言 早川
画像引用元:http://saigaijyouhou.com/

先の熊本地震が起こってから、あんまり地震への危機感がなかった地域の方も
今後どんな震災が起きるのか関心が高まっています。

九州地方はこれまで大きな地震がなく、特に佐賀県はほとんど地震が起きない地域でした。
台風も通らないので日本一天災のリスクが少ない県だと言われていたくらいです。

 

あまりに災害が少ないから、首都圏の直下型地震を危惧して
東京から佐賀に首都を移そうなんて噂まで出てましたし。。。

そんな佐賀県も2016年4月には震度4を超える地震が来ましたから、
どこも安全とは言えない状況ですね。

ただ佐賀県はとにかく地震が起こりにくい地域です。

 

1923年~2015年までに震度4以上の地震が起こった回数は・・・
なんと7回だけ!!

東京都でいうと555回も震度4以上の地震が来ていますから、
過去の確率的に言っても圧倒的にリスクが低い県なんです。

この地震発生7回はもちろん日本一少ない回数です。
意外に知られていませんが、とても安全な県だったんですよ。

 

さて、今後気になる大きな震災は南海トラフ地震です。

最大被害は被害者33万人ともシミュレーションされていて、
今回の熊本地震も南海トラフ地震の予兆では??なんて考える方もいますね。

熊本震災は断層型地震でしたから、南海トラフ地震とは関連がないとされています。
でも4月1日には三重県でもM6.1の大地震も起こっていますし嫌な予感は続いています。

 

実際に三重の地震は南海トラフ地震と同じくプレート境界型地震なので、
南海トラフ地震と関連があるとされていますし。

現在の予測では将来的には間違いなく起こるとされてはいますが、
いつ起きるかまでは特定できていません。

 

今後30年以内には70%の確率で発生するとの政府発表もありましたので、
備えあれば憂いなし。

命を守るには情報がまさに命!
早川教授の地震解析ラボもそう考えれば安いものですね。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

日本にいる以上地震は避けては通れないんですね。
でも出来る対策はたくさんあります。

スマホの携帯バッテリーや非常食を僕も準備しました。
命を守る情報を今後も集めて皆さんに発信していきますね!

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

京都の5月は【花を堪能しよう!】おすすめ観光スポット~5選~

筋トレで減量を目指すアナタ!【その食事メニュ-危険ですよ? 】糖質制限ホント

チアシードとは何の種 ?【気になる栄養価&副作用】を徹底解説!

8月の地震予知【未来人の最新予言】では南海トラフで四国を最警戒!?

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

コメントを残す