千葉県で地震が多いのは【プレート/断層が原因!?】予言の発生確率もヤバい!

千葉県 地震 多い プレート 断層 予言画像引用元/http://tankyu.hatenablog.com/

関東大地震の前兆か??と言われるほどに関東地区での地震が多いですね。
2016年7月27日には茨城県で震度5弱の地震が発生し、8月以降も緊張した毎日が続きます。

そして千葉県でも実は7月、8月と震度3を超える地震を複数回観測しています。

気象庁の報告によると直近だけでも7月30日、8月3日に千葉県を震源地とする震度3の地震が観測されてますね。関東全域で地震が活発になってきている事は明らかです。

今回は千葉県の地震が多い理由はプレートが原因?!主要な活断層帯で今後発生する地震の予言もお届けします。

 

スポンサーリンク




千葉県で地震が多いのは関東大地震の前兆なのか??

千葉県 地震 多い プレート 断層 予言
画像引用元/http://www.swarmingwire.com/

関東地区での地震速報が目立ってきていますが、千葉での地震は今後要注意です。

 

武蔵野学院大学の島村特任教授によると・・・

『千葉県は太平洋プレートとフィリピン海プレートに挟まれていて、
プレートによる地震の影響を受けやすい地域。

1703年の元禄関東地震もこの地域が震源地となっていて、
千葉での地震が関東大地震の引き金になる可能性も否定できない。

東日本大震災以降は特に福島や千葉での地震が増えていて、
連動してさらに大きな地震へ繋がる恐れもある。

人口の増加率から考えても元禄関東地震の20倍は被害が出るだろう』

 

今後千葉での地震は関東大地震をはじめ、首都直下型地震など
巨大地震との連動引き起こす可能性が示唆されていますね。

 

千葉県はプレート境界が多い?地震の原因は活断層??

千葉県 地震 多い プレート 断層 予言
画像引用元/http://blogs.yahoo.co.jp/

地震が頻発している千葉県は太平洋プレートとフィリピン海プレートに挟まれていて、
プレート境界の影響を強く受ける地域なんです。

前述の元禄関東大地震でもお分かりの通り、プレート境界型地震は規模が大きく、
被害も甚大な事から最も警戒されている地震の種類なんですね。

 

2012年の調査では房総半島が北に約3cm変動していると観測されています。
つまり北にある北米プレートを押している状態にあるわけなんです。

このプレートのずれ込みが強くなると元禄関東大地震のような、
巨大地震が発生すると言われていて島村特任教授も警鐘を鳴らしています。

千葉県を含む関東地域は3つのプレートが入り組んでいて、
『地震の巣』と呼ばれるほどに地震頻発地域なのです。

 

さらに怖いのはプレート境界である【相模トラフ】です。
千葉県はこの相模トラフ沿いで発生する海溝型地震が今後起こる可能性は高いと言われています。

しかもM8クラスの規模と推定さてていて被害も甚大だと見られています。

また、千葉県の活断層として房総半島から延びる鴨川低地断層帯があり、
この断層で地震が発生した場合はM7.2クラスが起こると予知されています。

ただこの鴨川低地断層帯は過去の地震発生回数が少なく、検証データが少ないのです。
つまり地震を引き起こす活断層ではないとの見解も強いです。

千葉での地震は断層よりもプレート変動に注意が必要です。

 

千葉地震予知/相模トラフに要注意!!

千葉県 地震 多い プレート 断層 予言
画像引用元/http://tokyodisaster.blogspot.jp/

関東地区は北米プレート、フィリピン海プレート、太平洋プレートと
3つものプレートが入り組んでいる地震の巣。

島村特任教授が心配している大地震への連携の可能性も低くありません。

 

今後危機回避するためにも、
千葉で起こるだろうと予測されている地震を見ていきましょう。

まず予想されている千葉での地震は相模トラフ地震です。

今後相模トラフ沿いのプレートの浮き沈みによる地震が示唆されています。
発生確率は今後30年以内で70%とほぼ起こると言っても良いレベルです。

大きさはM7クラスと規模も大きく注意が必要ですね。

 

また、元禄関東大地震と同様の相模トラフ沿いM8クラスの地震も要注意!
このタイプの地震はプレート境界型なので地震周期的にはまだ可能性は低いです。

発生確率は今後30年で5%以内ですが、天災はいつ起こるか分かりません。
備える準備はしておきましょう!

 

次に千葉で起こり得る大地震としては、鴨川低地断層帯の活断層による地震です。

過去に地震発生サンプルが少ないため可能性は低いとされてますが、
規模はM7クラスと大きいため備えて損はない地震です。

今後30年以内に起こる可能性は不明と報告されていますが、
千葉県の真下にある活断層ですので被害も大きくなると思われます。

千葉の皆様は特にご注意ください。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

茨城県での地震に注目が集まっていましたが、千葉での地震も要注意です。
関東全体が地震の巣である以上、広く関東を見る必要があるのです。

特に相模トラフ付近のプレート変動は注目するべき。
M7クラスの地震が起こる可能性は極めて高いと予知されています。

千葉、茨城をはじめ関東での地震速報は今後も要チェックです。

 

 

スポンサーリンク




 

コチラの記事もおすすめです!

コメントを残す