世界一のボディビルダー【筋トレメニューまとめ】ステロイド使用はなし!?

ボディビルダー 世界一 筋トレ メニュー 画像引用:http://www.body-builder.info/

世界一のボディビルダーが行っている筋トレメニューとは??

どうせ筋トレするなら最も効果が出ている選手から学びたいですよね。

そして世界一効果が出る筋トレとは、
世界一のボディビルダーがやっている筋トレと言えます。

今回はボディビル世界一の称号ミスターオリンピアの中でも最も注目すべき・・・
現役最強のボディビルダー『フィル・ヒース』をピックアップしてみました!

 

スポンサーリンク




 

世界一のボディビルダーの証!ミスターオリンピアとは??

ボディビルダー 世界一 筋トレ メニュー

世界一のボディビルダーを決める祭典、それこそがミスターオリンピアです。

世界にはさまざまなボディビルコンテストがありますが、
オリンピアのタイトルを獲った選手こそ本当のチャンピオン。

オリンピアで優勝した選手をミスターオリンピアと言い、
誰もが認める世界ナンバーワンのボディビルダーです。

 

オリンピアはジョー・ウィダーによって創設された大会で、
過去にはアーノルド・シュワルツェネッガーも優勝に輝いています。

シュワちゃんは合計で7回もミスターオリンピアになっている伝説のビルダー!
この記録はボディビルダー歴代3位の記録です。

ちなみに1位はロニーコールマンとリーヘイニーの8回優勝。
しかも8連続ミスターオリンピアという快挙。。。

 

しかし!!

そんな記録を打ち破るかもしれない現役最強ビルダーが、
『フィル・ヒース』です!

ボディビルダー 世界一 筋トレ メニュー
画像引用:https://www.tuxboard.com/

フィルヒースは2011年から2017年までオリンピアを7回連続優勝。

恵まれた遺伝子と体質から『ザ・ギフト(the Gift)』の愛称で呼ばれています。
本人いわく筋肉をつけるのに苦労した記憶がないと発言しています。

まさに天から与えられた世界一のギフト。

8回連続優勝に向けて陰りはなく、
カラダも現役バリバリのコンディションで王座安泰のフィジークです。

 


▼理想の体型が手に入る!▼

 

世界一のボディビルダーの筋トレとは??

ボディビルダー 世界一 筋トレ メニュー
画像引用:http://ja.gde-fon.com/

最強ボディビルダーが行っている筋トレは世界で最も効果が出た筋トレと言えます。

史上最高ボディビルダーといわれるフィルヒースの筋トレとはどんな内容なのか??
動画と共にまとめてみました!

 

背中のトレーニング

  • Tバーロウ     6-8reps × 3set(ラストはドロップセット)
  • マシンハイロウ   8-10reps × 3set
  • ワンハンドロウ   6-8reps × 3set
  • シ―テッドロウ   6-10reps × 6set
  • ラットプルダウン  10-15reps × 4set

 

重量を扱いながらもセット数多め。
さすがチャンピオンと言える高強度×高ボリュームな内容です。

身体の角度やグリップを変えながら、背中全体を狙っていると思われる筋トレ。
勉強になる動画ですね。

※上記の背中筋トレは5分30秒あたりまで。
これ以降の動画は別日の筋トレが収録されています。

 

胸のトレーニング


動画引用:https://www.youtube.com/

  • マシンインクラインプレス 10-12reps × 4set
  • ダンベルフライ      12-15reps × 4set
  • マシンチェストプレス   10-12reps × 4set
  • ケーブルクロス      10-12reps × 4set

 

プレスはインクラインからスタート。
ラストのケーブルクロスもインクラインでした。

プレスの可動域は結構浅めだなーと思うくらいショートレンジ。
でも、大胸筋の収縮が見て分かるのでバリバリ効いてそうですね。

プレートロード式のハンマーストレングスは効くと評判です。
日本だと置いてあるジムが限られているので羨ましいですね。

 

肩のトレーニング


動画引用:https://www.youtube.com/

  • ショルダープレス   10-12reps × 4set
  • ラテラルレイズ    10-12reps × 4set
  • リアレイズ      10-12reps × 3set
  • ケーブルフェイスプル 10-12reps × 4set
  • ショルダープレス   10reps × 7set

 

ショルダープレスでスタートし、プレスで締める鬼トレです。
高重量を振り回すトレーニングではなく、効かせながら行っている印象ですね。

プレスよりもレイズ系種目が多く、種目数も多め。
リアとフェイスプルで後部の連続トレは効きそう!

個人的にも肩はレイズ種目でハイレップスが反応が良いです。

 

腕のトレーニング


動画引用:https://www.youtube.com/

  • バーベルカール      10-12reps × 3set
  • マシンワンハンドカール  10-12reps × 3set
  • スパイダーカール     10-12reps × 3set
  • ワンハンドハンマーカール 10reps × 3set
  • ワンハンドプレスダウン  10reps × 3set
  • バーベルトライセプスEX      10reps × 3set
  • ディップス        15-20reps × 3set

 

腕はワンハンドでの筋トレが目立ちます。
片手でもウエイト振り回す事はなく、アイソレーションさせながら行ってます。

ラストのディップスをハイレップで追い込むのは効きそうですね!

 

>>ウルトラシックスの詳細はコチラ

 

なぜボディビルダーは腹筋しない?!

ボディビルダー 世界一 筋トレ メニュー
画像引用:http://365-risounonikutai.com/

世界レベルになると体脂肪率は3%台になると言われています。

アイドルやスポーツ選手が体脂肪3%と言ってたりしますがリアルではないですね。

 

正確に体脂肪率を計る事って市販の体組成計では難しいので、
ホントにちゃんと計測しようと思うと専門機関での測定が必要です。

なのでリアルな体脂肪3%って常軌を逸したレベルなんです。。。

 

そんな体脂肪なので腹筋はバキバキですが、
ビルダーは腹筋しない人が多いとも言われています。

日本トップクラスのボディビルダーでさえ、オフは腹筋をやらないって選手も結構います。

 

その理由は・・・
高強度のスクワットやデッドリフトを行えば体幹も鍛えられるから。

コンパウンド種目を高重量で行えば腹筋は自然に鍛えられる!

そう言う考えもあるので、腹筋しない選手って多いんですよね。

 

ただし、

世界レベルや日本トップクラスの選手は間違いなく過去に強烈な腹筋トレーニングしてます。

 

一度は腹筋を作りこんだからこそ今がある。

全く腹筋を鍛えずにバッキバッキに仕上げる・・・
という事は難しいと思います。

 

トップ選手でないなら腹筋もやりこむべき!

やっておいて損はないし、絶対やりこんだ方が腹筋も早く割れます。

 

ステロイド使用について考え方

ボディビルダー 世界一 筋トレ メニュー
画像引用:http://kintorecamp.com/

日本のボディビルコンテストでも毎年違反者が出てしまうドーピング検査。

ドーピングとはいわゆるステロイド使用者を見つける検査です。

 

ステロイド使用すると圧倒的に筋肉がつきやすくなるんですが、
身体にかかる負担も大きいため原則使用は禁止となっています。

 

2017年度にはJBBFから厳重に薬物についての注意文書が出ましたね。

>>JBBFドーピング違反に対する罰則<<

 

使用者だけでなく、登録ジムにも大きな影響がでる厳罰です。
罰金だけでなく選手としても永遠に消えない負のステイタスがつきます。

バレなければ良いと言う考えもあるのかもしれませんが、
フェアに作り上げたカラダを競う事に美学があると思っています。

遺伝子的に恵まれていないとステロイドに頼りたくなる気持ちも分かる。
同じ筋トレ、同じ食事でも才能次第で全然違うフィジークになるんです。

だからと言って、安易に薬に頼るのは待ってください。
自分だけでなく周りのジム関係者や家族、そして自分の未来がかかってます。

今後も厳しく罰則を作ってクリーンなイメージを作り上げる事が、
さらにボディビルやフィジークの競技人口を増やす要因になるとも思います。

いつかはボディビルもオリンピック種目になってほしいなー。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

世界一のボディビルダー『フィルヒース』の筋トレメニューをまとめてみました。
世界チャンピオンの筋トレは単純に世界で最も効果が出ている筋トレとも言えます。

意外にも変わった種目はなく、一般的に行われている王道種目がメインでした。
やはり王道種目こそ最強の筋トレなんですね。

でも、そのまま真似しても世界一になれるワケではありません。
今の筋トレをするまでの過程があってこその世界一。

初心者と上級者では練習するメニューはちがうハズですし、
同じ内容だと効果も逆に出ないでしょう。

あくまで参考として考えながら、自分に合った筋トレを見つける。
そのために色んな人のトレーニングを知るのは大切ですね。

 

スポンサーリンク




 

 

 

 

 

関連コンテンツ

コメントを残す